上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ひょんなことからブラックメタルに興味を持ってwikipediaさまよってたよ
たしかにキーボードやドラムがいい感じだよね
ボーカルの金切り声も好きだしギターのメロディも結構気に入ったよ

自分としてはDIMMU BORGIRが好きだな
しかし、ブラックメタル信者からはあまりよろしく思われていない様子
商業的なブラックメタルバンドは敬遠される傾向があるんだと
あくまでアンダーグランド、サブカルチャー的な活動をするバンドを彼らは受け入れるらしい(理解に苦しむよな

んで、ブラックメタルからインナーサークルの項目も見ていると・・・

インナーサークル (Inner Circle または Black Circle) は、ノルウェーのブラック・メタルバンド「Mayhem」の元メンバー「Euronymous」を中心に集まったブラックメタルを愛好する若者らによる悪魔崇拝集団である。「誰が一番邪悪か」という競い合いの中、教会の放火から殺人に至るまで、様々な事件を起こしてヨーロッパ中を震撼させ、後のブラック・メタルシーンにも多大な影響を与えている。
          ?中略?

1991年4月8日、ノルウェーのブラック・メタルバンド「Mayhem」の元メンバー「Dead(デッド)(Vo)」が、自宅で自分の頭を銃で打ち抜いて死亡している所を発見される。この事件に関して、彼が生前から精神的に不安定だったことが原因の1つとされていたが、後の「インナーサークル」の中心人物「Euronymous (ユーロニモス) こと Øystein Aarseth (オイスタイン・アーセス、ウイスタイン・オールセト)」が、Dead の死体の写真をすぐさま撮影し(後のMayhemのライブアルバム「Dawn of the Black Hearts」のジャケットに使用されている)、彼の飛び散った脳をスープにした上、頭蓋骨の破片をネックレスにするなどの行動をしており、彼が Dead の死に深く関わっている可能性も囁かれている。

1993年8月10日、この時既にGrishnackhがオスロにあるアパートでEuronymousの隠れ家を嗅ぎ付けており、彼はEuronymousと親密な仲であった「Snorre Ruch」を呼び出し彼に隠れ家のチャイムを押させ、Euronymousが安心してドアを開けた所をナイフで刺し殺し、ここでまたも殺人事件が起こる。傷は全身23ヶ所(頭部に2ヵ所・首に5ヵ所・背中に16ヶ所)に及んでおり、アパートの外で遺体が発見された。後に公式サイトでGrishnackh本人は、実際に隠れ家に入ったのは自分だけで、「Snorre」は直接犯行に関わっていないと主張している。

ヤベエエエエエェェェェェェェェwwwwwwwwwwなんなんだこいつらwwwwwwジャケットに死体写すなやwwwwwww

なんか音楽業界に留まらず、本当にヤクザみたいなことになってるよなwwwww日本平和すぎワロタwwwww
ようはDQN共がする自慢なんてこいつらに比べたら糞みたいな物って事だ


俺は音楽としてブラックメタルを楽しむとするよ
そうした場合、DIMMU BORGIRぐらいしか聞く奴らがいないと思うんだけど、別にいいや
にわかな知識語るより、そのジャンルをちょっと聞くぐらいが調度良いって誰か言ってたしな!


興味湧いたら聴いてくれ!ホルモンなんかとは格が違うぜ!!↓



スポンサーサイト

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
powered by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。